東北田村工機 設備紹介

より品質の安定した抜型の提供を行うべく、精密油圧プレスを導入致しました。
テーブル動作は、油圧アーム送り+ショックレス弁を用いている為にスムーズです。
刃物をプレスで挿入することで、高さムラが少ない抜き型の提供が可能になりました。
東北田村工機
〈自動油圧裁断機SFDC-1600×1100-150T〉
〈仕様〉
有効面積:1600×1100
最高裁断圧力:150ton
油圧シリンダー内径:215φ×2本
機械重量:19ton
精度:1/100mm
導入のメリット
  • ベニヤに刃物等を埋め込む際、プレス面盤で圧力をかけ平面で均一に挿入されるため、刃物等の浮き沈みのムラが無くなり、抜き型使用前のムラ取り作業が軽減される。
  • 刃物の埋め込まれた抜き型ベニヤの反り防止効果。
  • 1/100mmまでのストローク微調整が可能の為、シール等のハーフカットサンプル出しも可能。
東北田村工機
〈埋め込み前〉
東北田村工機
〈埋め込み後〉
シール・フィルム・液晶板等、寸法精度を要求される精密抜き型の提供を行うべく、寸法測定器を導入致しました。
約50倍の拡大率のCCDカラーカメラを搭載しており、1/100mm精度までの寸法測定が可能です。
東北田村工機
〈追跡プログラム・自動寸法測定装置〉
〈仕様〉
測定範囲:1400×950
カメラ動作速度:0~600mm/sec
カメラ機能:CCDカラーカメラ
レンズ拡大率:約50倍
精度:1/100mm
導入のメリット
  • 刃物の測定のみならず、レーザーカット後の溝間寸法測定、現物サンプル計測が可能。
  • 手動、自動と多彩な計測方法を装備。
  • Windows制御パソコンにより操作を行う為、多彩な形式でデーター出力が可能。
東北田村工機
〈X-Yテーブル〉
東北田村工機
〈CCDカラーカメラ〉
レーザー堆積(肉森り)溶接を使用してアルミニウム、鋼、銅チタン及びニッケル合金で出来ている精密パーツの接着、セットアップ、拡張、修理に使用します。
マイクロメーターの寸法上で実行することができ、疲労、隙間、遅れまたはアンダーカットなしで実行することが出来ます。
黒鉛電極を修復することもできます。
東北田村工機
東北田村工機
東北田村工機
〈仕様〉
カット有効サイズ:1100×1100
最大動作速度:40cm/sec
移動距離精度:±0.3mm/1000mm
繰返し停止速度:±0.2mm
最大セットワーク厚み:2mm

東北田村工機 設備紹介

累計アクセス : 1496

TOP